やはり新垣には荷が重かったか・・・

昨夜札幌ドームで行われた「北海道日本ハムファイターズ」対「埼玉西武ライオンズ」の22回戦は0-6でファイターズがまさかの完封負けを喫し、連勝は3で止まってしまった。
この試合のファイターズの先発投手は社会人の東芝出身で先週のロッテ戦でプロ初勝利をあげたばかりの3年目の新垣。
前回登板ではロッテ相手に5回を2失点と好投しプロ初勝利をあげたが、昨夜は3回に秋山と中村に本塁打を打たれ3点を失ったところで降板。
後を受けた浦野が五回までライオンズ打線を無失点で抑えたが、6回に登板した石井が1点を失うと7回にもこの回から登板したライブリーが2四球とボークや犠打で一死二三塁のピンチを作り、三塁手レアードの悪送球で決定的な2点を献上し試合が決まってしまった。
打線もライオンズ先発の牧野から連打を打てず走者は出すものの決定打が出ず、その後の投手リレーにかわされまさかの無得点。

これ首位ホークスとは9.5ゲーム差となったが、今日から福岡で行われる直接対決でその差を縮めて欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す