「サントリー ウイスキー 知多」

サントリーが11年ぶりとなるウィスキーの新製品を9/1に発売する予定。
製品名はタイトルにも書いたように「サントリー ウイスキー 知多」で、製造するのは名前にもある「知多蒸溜所」。
ここは1972年に蒸留所が作られ、主にトウモロコシを原料とするグレーンウィスキーを製造しているとのこと。
そのため今回の新製品もグレーンがメインというちょっと珍しいモノ。
実は2014年の11月に愛知県内及びネットショップ限定で販売されたのが好評だったために全国展開することになったモノとのこと。

グレーンメインのウィスキーはニッカの「カフェグレーン」が先行しているが、私は呑んだことが無いので、機会があったら呑んでみたいね。

蒸留所のある知多半島には立ち寄ったことはあるが、その時は湾の反対側の碧南に行くために知多半田に寄っただけで、行ったことが無いに等しい。
うーん、こんな蒸留所があるなんてしらなかったなぁ(汗)。
サントリー ウイスキー 知多 700ml
B011WPDV70
シングルグレーンウイスキーサントリー 知多蒸溜所 特製グレーンウイスキー 43度700ml
B00C1BVIIY

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す