三脚

先だってNIKONの旧いレンズを譲っていただいた際に一緒にアルミ製の三脚も頂いた。
Velbonの「Easy Black 350B」という製品で付いている雲台は「PH-157Q」というもの。
どんな製品なのかと思って検索するもメーカーサイトですらヒットせずorz。
僅かながら見つかった個人のブログ等を見ても、10年以上も前の時点でも既に廃盤になっていた製品らしいことと、新品時の価格が4-5万円程度であろうことくらいしか判らなかった。

頂いて後にちょっとだけ触った際には足を開いた状態で固定する方法が判らず、その後の旅行に持って行くことが出来なかった(旅行に持っていったのはコンデジしか持っていなかった頃に買ったSLIKの「FX-640」)。
今日になって再度触っている内に脚の固定方法が判ったので試しに開いて置いてみると、かなりの安定感。
さすがに本体重量があるし剛性も高いらしく、ちゃんと固定すると安物の軽量三脚とは比べ物にならないほど安定している。
これならKiss X4やEOS 20DにTAMRONのA005を付けて乗せてもかなり安定するだろうな。
今度から星やISSを撮るときはこっちを使うようにしよう。

2015/06/09追記:雲台は今でも現行商品として販売されており、メーカーサイトに情報が掲載されている。
それによると発売は2010年6月とのことなので、もしかすると三脚のほうもそれほど旧い製品では無いのかもしれないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2015 年 6 月 3 日 at 4:29 PM -

    三脚の基本機能は、大昔と変わらないので、全然現役で使えると思います。足のロックが楽になったとか、開く角度が2段階あるとか、そんなのばっかりですから。
    あ、自由雲台は結構進化しているので、そのうち新しくする事をオススメします♪

  2. tan

    on 2015 年 6 月 3 日 at 11:32 PM -

    >千歳さん
     この度はありがとうございました。
     このままでしばらく使わせていただこうと思います、雲台に関しては後で考えます。

コメントを残す