今期のアニメ(2015年春)

早いもので今年も四月が過ぎて五月に入った。
ということは春アニメも概ね4話まで放映されたと言うことになる。
私が今期見ているのは、
「長門有希ちゃんの消失」
「魔法少女リリカルなのはViVid」
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
「パンチライン」
「Fate/stay night -UBW- 2nd」
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」
「ハイスクールDxD BorN」
「銀魂°」
の8本で、数えてみると意外と多かった(汗)。
最初の4本は完全新作(とはいえ「パンチライン」以外は原作有り)で、次の「Fate/stay night -UBW- 2nd」は分割2期の2クール目、残りの3本は原作有りの作品で2-4期目にあたる。
他にも録っているのは何本かあるけど、見ているのは上の8本が精一杯。
この中で放映前から楽しみだったのはなんと言っても
「長門有希ちゃんの消失」
「魔法少女リリカルなのはVivid」
の2本。
どちらも原作から読んでいるし、その原作の基になっている作品から読んで(観て)いるので、とても楽しみにしていた。
実際に放映が始まってみると、Vividのほうはそれまでの作品群とは製作スタジオが変更になった(セブン・アークスからA-1 Pictures)ので、多少過去作品とは毛色が違う感じがするが元々原作自体がStrikerSまでとは違っているのでこれはアリかな?と。
「長門有希ちゃんの消失」のほうは期待通り!と言うか期待以上の出来だと思っている。
ストーリー自体はシーンの入れ替えが多少あるけど、漫画とアニメの表現方法の違いと言うことを考えれば妥当で、その他はほぼ原作通りに話が進んでいる。
この2本をはじめとして他の作品もそれぞれ面白いので、今期はこの8本を最後まで観ることになりそう(Vividは21話予定と言うことなので来期まで)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す