恵庭の羊

今日は恵庭に行ってこの春産まれたばかりの子羊たちが母親羊と一緒にいるところを見学してきた。
本当は昨日見学する筈だったんだけど、指定時刻に間に合わず見学が出来なかった。
ところが先方のご好意で今日に予定を変更して貰えた。
今日は遅刻しないように、昨日よりも1時間半ほど早く自宅を出たので目的地には余裕を持って着くことが出来た。

天気が心配だったが今朝の予報では降水確率が20%と低めになっていたので少し安心したところ、札幌の自宅を出るときには雨が降り出し、札幌市内を出る辺りまでは降ったりやんだりだった。
その後は天気も回復し、高速道路からは樽前山が綺麗に見えていて、恵庭に到着しても綺麗な青空が広がり好い天気に恵まれた。
聞くと早い時間帯には一雨降ったそうだが、私たちが着いた頃には晴れていた。
気温は低めでそのうえ風が強くて体感温度は低かったけど、それでも雨に降られるよりはずっとマシ。
見学前の説明を受け、トラクターに牽引された車両に乗せられて、牧場の中を奥に向かって進む途中で羊やアルパカを見つつ、目的の子羊たちのいる施設へ。
そこには数十頭の子羊とその母親羊たちがいた。
見学者が柵の近くに行くと、最初は警戒気味だった羊たちも徐々に近くに寄ってきて愛嬌を振りまいてくれた。
他にも子羊たちではないけれど、屋外で飼育されている大人の羊たちにおやつを食べさせると言う経験もさせて貰えたり、牽引に使っているトラクターの運転台に登らせて貰えたりしたので、早起きして行った甲斐があったというものだ。

今回の見学ツアーは一般客は入れない施設まで案内してくれると言う貴重な企画で、昨日と今日の二日間だけ行われた。
次回は来年となるので、来年も行って見たいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す