「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」第十六話

”もう一つの地球”に行ってからはなにがあっても不思議ではないと思っていたが、今回も予想の斜め下を行ってくれた(笑)。
大事なことをスポーツの勝敗で決めるのもどうかと思うけど、アンジュが全く知らない筈の競技で決着を付けようとするサラマンデンデン(他いろいろ)の狡さにはビックリ(笑)。
またそれを受けて立ちどの競技もこなしてしまうアンジュも凄い運動能力だな。
”エースを狙え”だの”巨人の星”だので勝負するとは思わなんだ。
で、何故にラストは”ツイスター”なんだろう。
FKDのことだしどうせ二人をいやらしく絡めるために思いついたのが”ツイスター”なんだろうな。
前回の予告に出て来た料金表はこのためのものだったのかー、ゴルフが100万円ってのは異常。
この世界は背景から見ても日本だから金額の単位が¥(円)で書かれているのは不自然でもなんでもなくて当然のことか。
だったら競技名も日本語で書いておけよ。

二つの世界が重なり合うような雰囲気があったけど、何故そうなったのか全く説明らしき説明が無いのはいつも通り。
このままなんの説明が無くても不思議は無いなこりゃ。

それにしてもアンジュはサラマンディーネの名前を覚える気が無いことがはっきりした。
ラストでは短くしてサラ子って呼んでたけど、スタッフもさすがに”サラマン子”とは呼ばせなかったか(汗)。
で、アンジュのことは杏子^H^Hアン子と呼ばせようとしたら本人が拒否するあたり、とても我侭な元お姫様だったということを思い出させてくれたな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す