稲本がコンサに移籍

サッカー元日本代表のMF稲本潤一がJ1の川崎フロンターレを契約満了に伴い退団し、同じくJ2で今シーズン10位のコンサドーレ札幌に加入することが発表された。

稲本というと2002年のサッカーワールドカップ日本大会においてグループリーグのロシア戦で決勝ゴールを挙げ、日本の決勝トーナメント出場に大きく貢献したのを覚えている。
その時のゴールは相手DFと競り合いながら足を思いっきり伸ばしてつま先でボールを蹴って(というかタッチして)得たものと記憶している。

現在コンサド-レ札幌には同年代の小野伸二が在籍しているが、この二人が同じチームに所属するのは初めて。
来シーズンのコンサはどこまで頑張ってくれるかな?

それにしても何年か前はゴン中山を獲得したり、昨年は小野を獲ったりと”昔の”スター選手を獲ることが多くないかな?
それで観客数が増えれば良いんだろうけど、やはり試合に勝ってリーグ戦で優勝を狙えるようにならないとね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す