vsftpdの設定メモ

Linuxで使用しているFTPサーバーが”vsftpd”の場合、ローカルユーザーがアップロードしたファイルのパーミッションをコントロールする方法。
設定ファイル/etc/vsftpd.confにある次の行でコントロールしているので、そこを適宜書き換える。
local_umask=numeric (Default:022)
デフォルトでは”022”となっているので、そのままだと”644”(rw-r–r–)になる。
これを”000”にすると”666”(全ユーザー書き換え可能)になる。
セキュリティを考えると少なくとも”002”にしておいたほうが良いかな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す