中華レンズ

レンズを探していると新品なのに妙に安い製品がある。
商品名から調べると中国製のレンズだった。
安いけどどうなのかな?と思ってレビューを探すとあまり出てこないのだけど、見つけたレビューでは結構酷評されていた(笑)。
そのレビューによればなんと新品なのにバルサム切れがあったとか。
さすがに販売されている全部がそうではないだろうが、日本製では考えられない。
商品説明には「出荷前検品は一つ一つレンズの動作や状態を専門の職人が手作業で確認し調整を行い、高品質なレンズでありながら低コスト生産を実現しました。」とあるが、ちゃんと検品していればバルサム切れの製品なんか出荷することは無い筈。
にもかかわらず出荷されてしまっていると言うことは、品質管理がいい加減だということで、全体的な品質も高くないと思われる。
遊びもしくはネタとして買うなら良いかもしれないけど、それなら数千円程度の価格じゃないと買う気にはなれない。
やはり国産メーカーの製品(製造は中国のもあるけど)にしておいたほうが良さそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す