鵡川のししゃも

昨日はししゃも漁で有名なむかわ町鵡川に行って来た。
目的はもちろんししゃもを食べること。
干したししゃもはいつでも食べることが出来るけど、生はししゃもが獲れる今の時期しか食べられない。
今回もその”生”のししゃもが食べたくなったので行ってきたというわけだ。
札幌の自宅を出たのが午後になってからだったので、鵡川に着いたのは日が傾き始めた午後3時半頃。
まずは道の駅に立ち寄り用を済ませてから「ししゃも寿司」を出してくれるおすし屋さん(大豊寿司)に電話をすると、残念ながら「ししゃもは終ってしまいました」とのこと。
町内にもう一軒あるおすし屋さん(叶寿司)に電話をすると営業開始前(開店は午後5時)で、しかも「今年はししゃもが不漁でウチではやっていません」とのこと。
ここでししゃものお寿司を食べるのは諦めたが、昼食を食べておらず空腹だったので国道沿いのお蕎麦屋さん(そば処大みや)に行ったところ、生のししゃもは無かったけど「ししゃも天丼(小そば付き、税込み1,500円)」と「ししゃも天ざる(税込み1,500円)」があったので、妻と二人で「ししゃも天丼」を注文。
待つこと少々で出来てきたのは大きなししゃもを背開きにして揚げた天ぷらが2尾と、舞茸等の天ぷらを載せたご飯とお蕎麦(妻は冷たい蕎麦、私は温かい蕎麦)。

そば処「大みや」さんの「ししゃも天丼」

そば処「大みや」さんの「ししゃも天丼」


写真で見て判るようにししゃもの長さは割り箸ほど。
生のししゃもを揚げているので衣はサクサク、身はホクホクで非常に美味。
お蕎麦も思った以上に美味しくて良かったので、機会があればまた食べに行きたいな。
ししゃもの漁期は例年11月半ば頃までだけど、今年はいつまで食べることが出来るのだろうか?

このししゃも天丼を頂いた後は道の駅まで戻り、中の食堂でししゃもの刺し身とから揚げを頂いたので、気が向いたら別記事で書こうと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す