フォード「マスタング」がフルモデルチェンジ、50周年記念車も

米フォードの「マスタング」は今年で初代モデルの発売から50年となった。
日本法人であるフォード・ジャパンはこの「マスタング」をフルモデルチェンジし、新型は2015年に発売すると発表した。
さらに50周年を記念した「50イヤーズ エディション」という記念モデルを2015年春より限定350台で発売することも合わせて発表(受注は11月から開始)。
この特別仕様車は、新開発の2.3Lエコブーストエンジン(最大出力314ps)を搭載した左ハンドル仕様で、車内外に50周年記念エンブレムを配し、販売価格は465万円とのこと。

また2015年後半には、マスタング史上初となる右ハンドル仕様を導入し、同時にV型8気筒の5リッターエンジンとコンバーチブルをラインアップに追加する。

写真で見る限り新型は現行モデルのイメージを引き継いでいて、いかにも「アメリカンマッスルカー」といった雰囲気だ。
V8も設定されるとはいえ、「マスタング」に2.3Lエンジンとはこれも時代の流れなんだねぇ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す