「さすがですお兄様」(本当は「さすがはお兄様です」)第二十六話

えっと、、、、、アニメのほうはこの回で終わりなんだよねぇ???
なんか中途半端と言うか、、、、、
いや横浜騒乱編は一応終ったことになっているので終わりで良いとは思うけど、ちょっとなぁ、、、

物語が進むにつれてお兄様はますます強くかつ便利になっていって、これなら負けるわけないよねー。
最後に使った魔法なんて相手の座標を認識できればほぼ無敵じゃないの?
これって見ようによっては反則だよなー。
どこが「ご都合主義は不要!」なんだろうか(笑)

ラストは妹さんがいろいろと説明してくれたけど、まるで「その時であった、イデが発動した」に通じるものを感じてしまった(笑)。
また最後に出てきた四葉の「おばさま」の台詞とかからは二期目もありそうな雰囲気だったけど、どうなるのか?
原作のストックはまだあるから円盤が売れれば作ることは出来るんだろうけどね。
魔法科高校の劣等生 (8) 追憶編 (電撃文庫)
佐島 勤 石田 可奈
4048911589

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

コメントを残す