新型デミオのプロトタイプを見て来た

札幌駅前のスペースで展示されていたマツダの新型デミオのプロトタイプを見て来た。
実を言うと駅前ビアガーデンに行こうと駅を出たところで展示されていたのでついでに立ち寄ったといったところ(汗)。
展示されていたのは2台で、ガソリンとディーゼルが1台ずつだった。
屋外ではあったがエンジンをかけることも出来なかったので、話題のディーゼルエンジンの音を聞くことは出来なかった。
運転席に座ることは出来たので座らせて貰ったところ、現行タイプよりも閉塞感が無く私にとっては好印象。
シートの位置を自分に合わせると自然なポジションが取れたので、なかなか良さそうな感じ。
センターコンソールにはナビのコントローラーがあり、左手を画面まで伸ばさなくても操作できるのはありがたいかも。

新型デミオのプロトタイプ。これはディーゼルエンジン車。

新型デミオのプロトタイプ。これはディーゼルエンジン車。

新型デミオのプロトタイプ。こちらはガソリンエンジン車。

新型デミオのプロトタイプ。こちらはガソリンエンジン車。

面白いのはディーゼルとガソリンので異なるタイヤを装着していたこと。
ディーゼルエンジン車のほうはトーヨータイヤの「プロクセス」で、ガソリンエンジン車はヨコハマの「ブルーアース・エース」を装着していた。
わざわざ異なるタイヤを履かせているということにはなにか理由があるのだろうな。

新型デミオは今年の秋に発売の予定。
すでに購入を検討している人も訪れていたようで、説明員といろいろ話をしていた。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す