今日は火星が最接近

今日(4/14)はおよそ2年と2ヶ月ぶりに火星が地球に接近する(前回は2012年3月5日)。
2003年8月27日の大接近時は火星の近日点に近かったために地球との距離が約6万年ぶりにおよそ5576万kmまで接近したが、今回は9239万kmと1.66倍ほど遠い。
つまりその分小さく見えるということだけど、それでも光度はマイナス1.4等級ほどと明るくなっているので、見つけるのは容易かと。
外惑星の最接近は当然ながら地球から見ると太陽と反対の方向になるので、夜中に真南辺りに見えることになる。
今回は月齢が14.3とほぼ満月に近く月も太陽のほぼ反対側に見えるので、火星と月が接近して見えることになる。
今夜外に出て月の近くに明るく光る赤い星が見えたらそれが火星で、月の左上に見える筈。
月の左下にはスピカが見え、月とスピカを繋ぐ線を延長した先には土星が見える筈(土星が昇ってくるのは少し遅くなってから)。
日没後の早い時刻には南西の空(ふたご座のポルックスの近く)に木星が明るく見えるので、運が良ければ肉眼で見える外惑星3つ全てを見ることが出来る。
幸い今夜は全国的に晴れるところが多いみたいだし、札幌も晴れそうなので火星を見るチャンスかな。

次回の接近は2016年5月30日で距離は7528万kmと近づき、さらにその次の2018年7月31日には2003年並の5759万kmまで接近するので、今回よりもずっと明るい火星を見ることが出来そうで楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す