次世代の光ディスク規格

ソニーとパナソニックが昨日(3/10)次世代光ディスク規格「Archival Disc」(アーカイバルディスク:略してAD?)を策定したと発表した。
それによると今回策定された「Archival Disc」は業務用途(デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業)向けで、1枚当たりの容量は300GBでスタート。
市場への投入は2015年夏以降を目指すということで、その後将来的に容量を1TBまで拡張する計画だ。

用途から考えると個人向けとは言えないが、HDDが大容量化するに伴い保存するデータ量が増えているユーザーは多いと思うので、そのバックアップ用として使えるかも。
なにせ当初の300GB(片面3層で書き換え不可)という容量でも現行のBDXL(規格上4層で最大128GBだけど市場に出回っているのは3層で100GB)の3倍もあるので、増え続けるデータを少ない枚数のディスクに保管できるのはありがたいと思う。
ただ現状でもBDXLのメディアは高価でなかなか購入に踏み切れないので、一般向けになるまでにはかなりの時間がかかるかも。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す