日産「デイズ」が軽自動車月間販売台数2位に躍進(?)

昨日(3/6)に発表された2月の軽自動車販売台数(速報値)によれば、日産の「デイズ」が20,697台を売り上げ1月の5位から3つランクを上げて2位となった。
1位は1月同様ダイハツ「タント」で23,166台を販売。
1月に2-4位だった「N-WGN」「N-BOX」「ワゴンR」はそれぞれ順位を一つずつ落としている。
上位の各車とも2月は1月よりも台数を伸ばしているが、その中でも「デイズ」は6千台以上も増えていて率にして47.1%の伸びを記録。
上位5車の内これほどまでの伸びを示したのは「デイズ」のみで、他は3.1%(タント)から多くても17.9%(N-BOX)の伸びに留まっている。
「デイズ」だけがこれほど伸びた理由は2月13日に発売した新型の「デイズルークス」も”同一車名”として販売台数に含んだため(同じことを三菱も「EK」「EKスペース」でやっている)。
ハイト系とスーパーハイト系の2車種の台数を統合するというある種の”裏技”を使ってまで順位に拘るのはなかなか凄いな(笑)。
日産は「シャシーは同じだから同じ車種だ」と主張しているらしいが、消費者から見ると同じ車とは思えないし、ターゲットとする層も異なっている筈なんだけどなあ。
ホンダも「N-BOX」と「N-BOX+」の台数を合算しているが、この2車は同じスーパーハイト系だし外見も似ている派生車種なので問題無いと思うけど、「デイズ」と「デイズルークス」はジャンルも用途も異なるので”同一車種”とするには無理があると思うけどね。

2月の「デイズルークス」の販売期間は実質的に半月しかなかったので、この分だと3月の販売台数は凄いことになってしまうかも・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す