「共通ウィズユーカード」の発売がもう少しで終了

「共通ウィズユーカード」とは札幌市内の公共交通機関(地下鉄、札幌市内のバス路線、市電)で利用可能なプリペイドカードで、1992年11月に前身となる「ウィズユーカード」が発売されて以来多くの人に使われている。
当初は発売額と利用可能額が同一だったが、現在は500円カード以外の一般用カードは10%(一万円のカードのみ15%)のプレミアムが付いている。
この「共通ウィズユーカード」が今年の5月末で販売を終了し、使用も2015年3月末までとする旨が札幌市から発表されている。
(例外として共通1DAYカード、ドニチカきっぷ、地下鉄専用1日乗車券、助成用ウィズユーカード、福祉乗車証、敬老優待乗車証は販売/利用とも継続。福祉割引ウィズユーカードは窓口や自動券売機での販売のみ停止で札幌市からの助成は継続。)
なお利用停止から5年間は払い戻しを行う予定とされている。
また各種行事等で発行されていた記念共通ウィズユーカードも2013年12月に発売になった干支記念共通ウィズユーカードを最後に発売を終了する予定とも告知されている。

発売及び利用を終了する理由として札幌市は
「共通ウィズユーカード等磁気カードは、使い捨てのカードであり、毎年約1千万枚、重さにすると約15トンがごみとして廃棄されています。このため、環境負荷低減の観点から繰り返し利用できるSAPICAへの移行を目指し、共通ウィズユーカード等磁気カードの発売を停止するものです。」
としている。
確かに使い終わったカードはその殆どがゴミとなるので資源の無駄遣いと言えなくは無いが、記念カードも無くなるのはちょっと寂しい感じがするな。
今後は非接触ICカードである「SAPICA」を利用するようにとアナウンスされているが、こちらはプレミアムが一律10%なので、現行の一万円のカードの15%より率が下がるのは残念(システムで対応できないのかな?)。

通勤のために日常的に一万円のカードを使っている私としては、せめてもの自己防衛で販売終了まで一万円のカードを何枚か買って置きたいけど、ちょっと金額が張るからなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. かもちゃん

    on 2014 年 1 月 21 日 at 7:08 PM -

    旅行者の私も随分と愛用してまして、1000円以上残高があったような・・・。

  2. tan

    on 2014 年 1 月 21 日 at 7:11 PM -

    >かもちゃん
     じゃぁ、使い切るために札幌まで来ることになるんですねwww
     お待ちしておりますw

コメントを残す