More from: パソコン

トナーだった

印刷すると決まった箇所に汚れが付くレーザープリンタ「LBP-8610」が手元に届いた。
最初に目を付けた定着ユニットを外してみると、シートの表面がかなり汚れている。
この汚れは印刷済みの紙(裏紙)を恒常的に使用しているために付着したトナーのカスと思われるので、綿棒等で注意しながら取り除いた。
定着ユニットを組み付けてテスト印刷をしてみると、症状は多少良くなったものの相変わらず汚れが着く。
再度定着ユニットを取り外して再清掃してみたが結果は変わらず。
となると怪しいのはトナー内部のドラムということになるが、見た目は特に異常が見られない。
それでも同じタイプのトナーがあったので、ものは試しと交換してみたらあっさりと直った。
どうもトナー内部のドラムの一部に目に見えない傷等があって、そこに余分なトナーが付着して汚れとなっていたようだ。
なんにせよ、修理を外部に委託しないで済んだのは良かったな(汗)。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

USBサウンドデバイスならOKか・・・

ヘッドセットが使えないPCに自宅から持ってきたUSBサウンドデバイスを付けてみたところ、問題無くマイクもヘッドフォンも使えるようになった。
取り敢えずハードウェアに問題が無いことは確認が取れたが、さすがに私物を提供するわけにもいかないし、安物なのでラフに扱うとすぐに壊れてしまいそうで同じ製品を薦めるのにも抵抗がある。
追加での出費というのもネック。
やはり今後買うヘッドセットはケーブルが1本のタイプにして貰った方が良いなぁ・・・
ちなみに試したのは下の製品で価格はなんと298円で送料無料という安さ。
これで曲がりなりにも音が出るんだからなぁ。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

ヘッドセットのマイクが使えないorz

ユーザーが導入したヘッドセットのマイクからの音が全然聞こえない。
Skype用に買ったもので、試してみるとこちらからの声は向こうに伝わるが相手の声が全く聞こえない。
購入した製品はオーディオテクニカの「ATH-770COM」で、ケーブルがヘッドフォン用とマイク用の2本が別々になっているタイプ。
それをHPのPRO DESK 400G4で使おうとしたら、マイク単独の入力端子が無いorz。
仕方なく背面のライン出力にヘッドフォンを、ライン入力にマイクのケーブルを接続したところ、音は出るが入力が入らない(そりゃそうだ)。
Windows10Proのサウンド設定を見ると、”マイク”が利用不可(接続されていない)となっていて、かわりに”ライン入力”が使えるようになっている(これも当然)。
この機種はフロント側にヘッドセット接続用端子があり、本来はそこにケーブルを接続しなくてはならないのだが、先にも書いたようにケーブルが独立しているので接続できず、片側(ヘッドフォン/マイク)だけを接続してもヘッドフォンで音を聞くことは出来るが、マイクは一切認識されない。
さて、これをどうやって解決しようか???

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

CPUの”故障”とは、、、

先だってOSが起動しなくなってしまったPC(DELLの「OPTIPLEX 3040」)。
メーカー保証期間内(3年間出張修理対象)だったが、当初はサポートとのやり取りでOSのリカバリーをすることになっていた。
ところがリカバリメディアからのブートすら出来ない状態で、再度サポートに連絡するとようやくパーツ交換をして貰えるようになった。
メーカーから届いたのはマザーボードで、CEさんが来てくれて交換作業をしたが症状は変わらず。
結局、メーカー送りになって先週頭に発送したのが今日になって帰ってきた。
修理報告書には”CPUの故障”で”CPUを交換した”となっている。
今までCPUになにかあったらBIOSすら起動しなかったけど、今回はBIOSは起動して設定の変更も出来ていたし、ハードウェア診断も出来ていて、OSの起動の最初に部分で止まっていた。
なのでまさかCPUの障害とは思っていなかったが、帰ってきたPCの電源を入れると無事にOS(WIndows10Pro)が起動した。
こんなこともあるんだなぁ、、、、、

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

定着ユニットかなぁ?

現場のレーザープリンタの1台で印字面に斑点状の汚れが付着するようになったと連絡があった。
機種はCanonの「LBP-8610」で、トナーのドラムを見て貰ったところ、特に斑点状の汚れは無いとのことなので、これはおそらく定着ユニットのシートの傷みでは無いかと思われる。
後でこちらに持ち込んで貰うことになりしの時にチェックしてみて定着ユニットの傷みだったら修理するか、それとも買い替えるかの判断を仰ぐことになりそう。
この定着ユニットはメーカー価格が23,480円(税抜き)もするうえ、ユーザー交換部品では無く修理業者に交換作業を依頼しなければならないので工賃を入れると最低でも4万円弱かかってしまう。
探すと中古で売られているのがあったけど、この手のパーツは中古は怖いんだよなぁ・・・

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

Windows10の自動実行設定

先だってPCのOS(Windows10Pro)をFall Creators Updateにアップデートした。
そうしたら、今までメモリカードやUSBメモリを挿入した時に自動で開いていたのがなんの反応も無くなってしまった。
安全と言えば安全なんだけど、都度エクスプローラーを起動してフォルダを開かなくてはならず面倒。
このままでは不便なので元に戻したが、なんでこんな設定までリセットしてしまうかなぁ?
ちなみに、戻すには「コントロールパネル」の「ハードウェアとデバイス」にある「自動再生」もしくはその中の「メディアまたはデバイスの既定設定の変更」をクリックして、そこからメディア単位で設定する。
これで一応は元に戻った筈、重ねて書くけど何故こんな設定まで初期値に戻すかなぁ?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

新品のCPUが980円?

今週のツクモ札幌店の週末特価チラシに980円のCPUが載っている。
もちろん新品。
私も目を惹かれたのでよく見てみると、モノはAMDの「Sempron 2650」(2コア、1.45GHz動作)。
TDP25Wの省電力タイプのAPUで、発売は2014年の4月という古い製品で、発売当初から実売価格4,000円弱の廉価版。
対応ソケットはAM1、、、って、マザーを探す方が大変かも(笑)。
今時、どこからこんな商品を発掘してきたんだろう???

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

このスマフォ良いかも・・・

もうじき発売になる予定のスマートフォン「SH-06M」が結構良さそうに思える。
スペックしか見ていないけど、メモリ3GB、オクタコア、ストレージ32GB、FHD+(2,032×1,080)の解像度、etc,etc,・・・
これでいてサイズはコンパクトで幅66mmと私の使っているXperia X Compactとほぼ同じで持ちやすそう。
しかもSIMフリー版なので、これに安いSIMを挿してFGO専用機とするのも面白いかも?
ネックは価格だなぁ(汗)

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

い、いつの間に???

Googlemapを見ると、道路が所々赤や茶色で表示されるようになっていた。
画面中央下を見ると”ライブ交通情報”と書かれた部分があり、高速-低速の凡例らしきものも描かれている。
どうも移動速度の高低を表示しているようだ。
車で移動する人にとっては便利な機能だろうな、それにしてもいつからこのサービスが始まったんだろう?

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。

アップデートは無事に終わってた

深夜に再起動(&アップデート)を予約しておいた職場のPC。
今朝見るとログイン画面が表示されていてパスワードを入れてログインすると追加の更新が始まった。
数分程度で処理が終わるとデスクトップが表示され通常通りに使えるようになった。
現場のPCの中にはアップデートが98%で止まってしまい、翌朝になってもそのままというのがあったからかなり不安だったけど、特に問題無くアップデートされたようで良かった良かった。

人気ブログランキングへ←クリックしてくれると嬉しいです。