More from: 不動産

4SDKの一軒家の家賃が1万円!

不動産情報サイトに4SDKの戸建てで家賃が1万円と言う物件が掲載されていた。
信じられないくらい安いのでどんな物件かと思って見てみると、なんと築62年とかなり古い物件だった。
さらに所在地が北海道枝幸郡中頓別町中頓別ということで、最寄りの”駅”は宗谷線の音威子府駅で、そこからバスで925分となっている。
まぁ、この時間は間違いなんだろうけど、GoogleMapsで距離を計測すると37Kmほど(おや?意外と近いな)。
バスで音威子府駅までは停留所7つ、時間にして1時間弱ほどかかるが、問題は運行頻度で音威子府駅行は朝と昼過ぎの2便しかないこと(汗)。
となると移動は基本的に車と言うことになるが、町内にあるガソリンスタンドは2店のみで日曜日は休業。
閉店時間も早いので仕事帰りに給油ということも出来ない。
とまぁいろいろと不便な点を書いたが、この物件は市街地の中にあって近所には商店や郵便局、ちょっと歩けば大きめの病院(国保病院)もあるので普段の生活には十分かと。
物件を実際に見ようとすると仲介業者さんに案内して貰うのが一般的だが、この物件を扱っている業者さんは何故か南荻窪の業者さん。
頼めば現地まで案内してくれるのかなぁ?(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

8000人近くが引越しを要求される?

不動産賃貸のレオパレス21が運営する物件の内、1300棟以上で国の耐火基準を満たさないことが発覚し、8,000人近い入居者が引っ越す必要があると報道された。
引越しの費用は全額レオパレス側が負担するとのことだが、入進学就職シーズンを迎えたこの時期に希望に合う物件はそう簡単には見つからないと思われる。
しかも同社の物件は家具家電付きで入居者は新しい物件用の家具や家電を買い揃えなければならないケースも多いと思われる。
それらの費用も同社が負担してくれるなら良いんだけどどうなることか?

反対に言えば他の不動産業者や家具家電販売業者等にとってはチャンスだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

土地を売ったのか・・・

昨年、札幌のとある地主さんが亡くなった。
今年に入りその方の自宅の解体が始まっていた。
結構広い敷地に建っていた家で、庭も広くてちょっとした庭園の様に手入れされていた。
そこには分譲マンションの建築計画が出ていたそうなので、どうも遺族が土地を売ってしまったようだ。
周囲の土地も亡くなった地主さんの土地で飲食店や中古車販売店が建っているのでそちらは売却せずそのままの様で、それらの土地の賃貸収入は残るのだろう。
折角の立派な家だったんだけど、住む人がいなくて使わないと家は傷むし固定資産税もかかってくるしで売ることにしたのかな?
長男さん一家が住めばよかったのに・・・って税金が問題かぁ、、、もしかすると相続税の為に売ったのかもしれないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

一覧からも消されている・・・

昨年末に爆発事故を起こして建物を全壊させた「アパマンショップ平岸駅前店」。
同店の紹介ページは事故直後に閲覧不可になっていたが、店舗一覧からも消されている。
ということは再開する予定は無いということなのだろうなぁ、、、
まぁ、建物が無いし新たに貸してくれるオーナーもなかなか見つからないだろうしねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

東京の業者にも問い合わせが行ったらしい

先日のアパマンショップ平岸駅前店の爆破事故で、翌日には東京の不動産仲介業者の店舗にもマスコミからの問い合わせがあったとのこと。
知り合いが東京で不動産仲介店に勤めているんだけど、消臭スプレーを使用しているかどうかの問い合わせがあったと言っていた。
単純に使っているかどうかだけの問い合わせだったのかもしれないけど、”使っている”と答えた業者がいたら業界全体を悪者扱いするつもりなんじゃ無いだろうな?
実際には稀なケースでもマスゴミがメディアで多数がやっているように言うとそれを信じ込んでしまう人も多いからなぁ、、、
私の知り合いには不動産関係の人も多いんだけど、今回の件に関して「なぜあんなにスプレーがあったんだ?」という反応ばかりなんだよね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

いろいろ判ってきたようだけど・・・

先日発生したアパマンショップ平岸駅前店の爆発事故に関して段々と情報が出てきている。
同店の運営会社であるアパマンショップリーシング北海道(分社化していたのね)の社長の会見によれば、爆発の元となった消臭スプレーは使い切りタイプで、新品120本を店内で噴射し、その15-20分後に30代の男性店長(氏名も判明済み)が店内で手を洗おうと湯沸かし器に点火したところ爆発したということだ。
消臭スプレーは可燃性だったが店長はそのことを認識していなかったとのこと。
あの手のスプレーは可燃性とか不燃性とかの表記が義務付けられていて結構大きな字で書かれているんだけど、それを全く見ていなかったということらしい。
そもそも未使用新品のスプレーを120本もまとめて噴射して処分しようとした点も不思議で、会見で社長は
「希望するお客さんからお金を取ってスプレーを販売(憶測だが実際には入居前に社員が消臭作業を行うということで代金を取っていたのではないか?)していたが、未施工のケースもあって店内に在庫があったのではないか?」
と述べており、この点からも代金を取りつつも何もしていなかったケースがあると考えられる。
今から20年も前ならこのようなことは良くあったのだけれど、監督官庁からの度重なる指導で激減していると思っていたんだけどなぁ、、、
今でも手を変え品を変え客から金を巻き上げようとしている業者もいるということらしい。
もちろんそんな業者はごく一部なのだろうが、全国的に有名なチェーン店がこのようなことをしていたとなると業界全体のイメージダウンにつながりかねず、まともな業者までが色眼鏡で見られてしまう恐れもある。
事件の当事者にはその辺りも意識した言動をお願いしたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

迷惑なDMだ・・・

帰宅すると私宛に一通の封書が届いていた。
如何にもDMだ!と言わんばかりの封書で、差出人は”住友不動産販売株式会社 札幌中央営業センター”となっている。
どうせ所有不動産の販売を勧めるものだろうし、気は進まないけど一応開封してみた。
中身はやはり販売を勧めるもので今の私には不要なもの。
それでも開封したのは、今回のDMと同じものが何度も来るので、そろそろ文句の一つでも言っておこうかと連絡先を知るため。
また、どこで私の個人情報を入手したのかも気になっていたので、その問い合わせ先を知りたかったのもある。
このようなDMが不要な場合の連絡先も書いてあったし、大雑把ではあるが情報の入手方法も書いてあって、そこは流石に全国展開している大手不動産仲介会社だなぁ、と変なところで感心した。
気になる個人情報の入手方法については「不動産登記情報等の公開情報から取得した」となっていた。
たしかに法務局で手続きをすれば登記人の情報は入手可能だが、”等”となっているのは他に情報源があるということか?
とにかくこちらから教えたわけでもない情報を使われるのは気持ちの良いものでは無いな。
明日にでも0120-921-983に電話をして今後一切DMを送らないようにするのと、保有する個人情報の破棄をお願いしよう。

←クリックしてくれると嬉しいです。

事故物件の甘酒www

不動産の営業さんの話。
事故物件(死亡者が発生した物件)の取引で現地を見に行った際に、その部屋に缶入りの甘酒が置いてあって、物件の所有者に持って帰るよう勧められたそうな。
勧められた人はその場で断ることが出来ずに頂いてきたそうなんだけど、そんな場所にあるものを平気で他人に勧める(=押し付ける)ってどういう感覚しているんだろうね?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ひどい”事故物件”もあったものだ・・・

不動産業界、特に賃貸物件においては”事故物件”という言葉がある。
どんなことかと言うと、文字通りで以前”事故”が発生した物件。
これだけでは判り難いが、はっきり言うと室内で自殺があったり、事件で人が亡くなっていたりする物件のこと。
賃貸のアパートやマンション・戸建ては全国で数万件はあるので、中にはこの”事故物件”も結構存在する。
某大手不動産サイトではなかなか凄い物件があるようで、事故の内容として
「全入居者が自殺」
と書かれていた。
おいおい、住んだ人の全員が自殺かよ(笑)。
こんな部屋には住みたくないね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

5千万円

先の記事でランボルギーニの「アヴェンタドール ロードスター」の新車価格を5千万円前後と書いた。
もう少し正確に書くと、ベースグレードの”LP700-4”が4,793万円、同社の50周年記念モデルとなる”LP720-4 50アニヴェルサリオ”になると5,759万円もする。
この金額は札幌市内の殆どの新築マンション、ならびに市内中心部以外で4LDK程度の一戸建てを土地込みで買うことが出来るほど。
一戸建てと言えば某プロスポーツ選手が市内で一戸建てを建てたいらしく、土地を探していると聞いたが、その予算が5千万円程度だという話。
それほど高価な車だと言うことで、庶民にはせいぜい眺める事しか出来ないねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。