「はやぶさ2」計画

文部科学省の宇宙開発委員会推進部会は「はやぶさ2」の計画開始を正式に認める事前評価をまとめたとのことだけど、開発予算が要求額73億円に対して認められたのは半分以下の30億円ほど。
ほんとに少ない予算でやっているよなぁと思うよ(アメリカの宇宙開発予算はNASAの分だけで約1兆8千億円、JAXAは総額でもその1/10ほど)。
財政難との理由で予算が削られているけど、在○関連の政府支出を無くして在○からもきちんと税金を取れば他に回せる予算が増えるはずなんだけど、なんで政府はそうしないのかな?
やっぱ民主党は国民に背を向けて半島や大陸に向いて政治をやっているとしか思えない。

閑話休題
「はやぶさ2」計画では打ち上げは2014年か2015年に行う予定になっているが(時期を逃すと現在目標としている小惑星「地球近傍小惑星 (162173) 1999 JU3」に到達できない)、2013年度の予算がどれだけ認められるかで計画の進捗が変わりそうだ。
もし必要額が認められなければ計画を変更しなくてはならず、そうするとさらに無駄な金が掛かることになりそうなんだけど、その辺の認識はあるのかな?

あー、明るい話にするつもりだったけど愚痴ばかりになっちゃったよ(爆)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す