ファイターズ、大阪ドームで初白星

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日も大阪でオリックスと対戦。
大阪ドームでは今季全敗だったが、昨日は投打が噛み合って5-3で初白星をあげた。
先発の根本が走者を出しながらも六回まで無失点、七回二死から本塁打で失点し続く打者に四球を与えたところで降板したが十分に先発の役割を果たした。
打線も七回まで毎回、先発野手全員の11安打で5点を奪い試合を有利に進めた。
終盤に3点を取られて5-3と追い上げられたがリリーフ陣が抑え、最後は井口が締めて試合終了。
根元が5/29の読売戦以来となるプロ入り2勝目、八回の二死満塁で登板し見事に火消しをしたメネズが来日初ホールド、井口が2019/7/8の千葉ロッテ戦以来となるプロ入り通算3つ目のセーブを記録した。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す