クマゲラ

昨日の藻岩山でのこと。
通称”馬の背”に出たところで長めの小休止をとっていると、”ポーンポーン”と硬式テニスのボールをラケットで叩いているような音が聞こえて来た。
こんなところにテニスコートがあるわけも無いしと思っていたが、歩き出して少し先で疑問は氷解した。
音のする方を見ると、国の天然記念物のクマゲラの一羽が木の幹にとまっていて嘴で幹を叩いていたのだ。
もっと固い音がするものと思っていたが、意外と柔らかい音がするものだなぁ。
少しの間見ていると、段々と幹の下の方に降りながら叩いていたので、巣穴を作っているわけでは無く中の虫を獲って食べるために叩いていたようだな。

クマゲラ

藻岩山で見かけたクマゲラ。頭の模様からオスだと思われる。

嘴になにか咥えているように見えるので、もしかしたら捕食した虫の幼虫かも?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す