ファイターズ逆転負け

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは千葉で千葉ロッテと対戦し、7-3で敗れた。
初回に先制されるも直後の二回に打率四割の松本剛の適時打ですかさず追いつき、さらに久々に先発出場した清宮も適時打を放って逆転、淺間の内野ゴロの間にも1点を加えて3-1とした。
とここまでは良かったんだけど、ファイターズの得点は結局この3点どまり。
それでも投手陣が抑えれば問題無く勝てたんだろうけど、先発の上沢は初回の失点に加え三回にも1点を失い、五回には決定的な3点を奪われこの回限りで降板。
さらに六回と七回は古川侑が無失点で抑えるも八回に登板した三番手の谷川が四球から崩れ余分な2失点をして万事休す。

終わってみれば3-7での完敗。
投手陣が合計で12本も安打を打たれたのも良くないけど、合計で6個の与四球は多すぎる。
反対にファイターズ打線が選んだ四球は0個。
この差が勝敗に出たなぁ・・・

先発の上沢は今季6試合目の登板で勝ち星なしの4敗目(無失点投球だった2試合は勝ち負け付かず)。
エース級の働きをしていないのはなにか重大な理由があるのだろうか?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す