ファイターズが連敗をストップ!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜東京ドームでオリックスと対戦し6-2で勝って連敗を4で止めた。
オリックス戦は今季初勝利となる。

ファイターズは序盤に本塁打攻勢で三回までに5点を取って主導権を握り、先発の伊藤が七回まで相手打線をゼロに抑える好投。
伊藤は七回を被安打5与四球1奪三振5の無失点で自身三連勝で今季3勝目をあげた。

八回に二番手の吉田が乱調で2四球と安打で2点を失い、さらに二三塁とされたところで無念の降板となったが、後を受けた玉井が満塁とするものの火消しの役目を果たし追加点を許さない。
最終回は先だってプロ初失点をし翌日の試合で初黒星を付けられた北川が2試合ぶりの登板でお返しとばかりに三者凡退に抑えて試合終了。

打線では入団2年目の25歳今川が自身初の2打席連続本塁打を含む4打数4安打で3打点、入団4年目で21歳の野村が本塁打と適時二塁打の2本の長打を放ち2打点と若手のスラッガーが活躍した。
この二人や野村と同期で更新で対戦した万波を含む若手の台頭が楽しみだね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す