コンサがまさかの逆転負け!

サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌はルヴァンカップグループリーグ第5節でホームの厚別で柏レイソルと対戦。
勝てばグループリーグ突破となる試合だったが1-2(前半1-0)で逆転負けを喫した。
コンサが前半14分に先制したが、その後は追加点を奪えず、試合終了間際の後半アディショナルタイムに立て続けに失点して逆転された。
この結果、グループリーグの順位は2位となり、突破を決められなかった。
コンサの属するCグループは4チームともに突破の可能性を残しており、各チームとも次節で勝てば突破となる。
コンサも勝てば無条件で突破となるが、引き分けた場合は柏と京都の結果次第となり、京都が勝てば勝ち点で柏と並ぶが直接対決でのアウェーゴール数で上回るため突破、引き分けの場合は勝ち点で京都と並ぶが直接対決での得失点差で上回るため突破、柏が勝てば勝ち点で京都を上回るため突破となるので、引き分けでも突破が決まる。
負けた場合は現在首位の柏には及ばず、勝ち点で鳥栖を下回ってしまうために突破は出来ないことになる。
つまり、次節では勝ちか引き分けが突破の条件となるので、是が非でも負けないで欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す