ファイターズ連勝ならず

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日札幌ドームで福岡ソフトバンクホークスと対戦。
勝てば連勝となったが、3-9で大敗し連勝はならなかった。

初回にファイターズがこの日四番に入った野村の適時打で先制したが、先発の上沢が二回に相手打線に捕まり適時打と本塁打で4点を失い逆転されてしまった。
ファイターズはその裏に二死満塁から松本剛の押し出し四球で1点を返すも後が続かず1点どまり。
反対に三回に上沢がまたまた3点本塁打を浴びてこの時点で2-7と5点のリードを許してしまった。
ファイターズはその裏に宇佐美の適時打で1点を返し3-7とした。
四回からファイターズのマウンドに登った吉田が2イニングを完璧に抑え追加点を許さず、その後を受けて六回から投げた古川侑も2イニングを無安打無失点で投げ味方の反撃を待ったが、安打や四球で走者を出すものの”あと一本”が出ず無得点。
反対に八回には一死二三塁の危機で二塁手強襲の2点適時二塁打で2点を奪われ万事休す。
ファイターズ打線は結局四回以降は無得点に抑えられ反撃できなかった。
この試合は先発の上沢が序盤から相手の強力打線に打ち込まれて失点を重ねたのが敗因だろう。
やはり先発投手が試合を作らないと打線が少しくらい点を取っても勝てないよねぇ・・・
そんな中でも二番手の吉田と三番手の古川侑が好投したのが好材料かな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す