ファイターズが大勝!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは千葉で今季初の試合となる千葉ロッテ戦。
ファイターズ先発の伊藤は初回にレアードの適時打で1点を先制されるも、打線がすぐに逆転し五回を終わって6-3とリード。
六回にもアルカンタラの本塁打で1点を加えると、七回には2本の三塁打を含む4安打に四死球を絡めて4点を追加し11-3と試合を決めた。
ファイターズ打線は今季最多の17安打で11点を取り、投げては先発の伊藤が五回を3失点、六回からは得意の継投で吉田-宮西-西村が1イニングずつを無失点に抑えると、最終回は上原が岡の二塁打等で1点を失うも大勢に影響なく11-4でファイターズが大勝した。
先発の伊藤が今季初勝利。
中継ぎ陣は2番手の吉田が4試合連続、宮西と西村は2試合連続の無失点投球と安定してきたので、先発が試合を作れれば守り勝てるようになってきた兆候かな?・・・というかそうだったら良いな。
この調子で明日も勝って欲しいね!
と言っても相手の予告先発は先週19奪三振の日本プロ野球タイ記録で公式試合では21世紀初となる完全試合を達成した佐々木朗希。
160Km/h超のストレートと140Km/h以上のフォークボールを投げる好投手から大量得点は難しいから上沢がどこまで相手打線を抑えていられるかがカギになりそうだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す