札幌で13日ぶりの死者

札幌市が昨日発表した新型コロナウィルスの陽性反応者数等の中で死亡者が1名となっていた。
札幌で新型コロナウィルスに感染したことで死亡者が出たのは7/6以来13日ぶりのこと。
このところ新規陽性者数は増加しているが、重症者数は横ばいもしくは減少傾向で、死者数も増えていないので感染しても症状が悪化しない人が多くなっていると見られる。
今回の死者も重症だった方が亡くなったもので、新規陽性反応者の増加にはほぼ無関係と思われる。
マスゴミは新規陽性反応者の急増だけを報道して危機感を煽っており、自治体もその数字だけでまたまた市中の経済活動を圧迫しようとしている。
新型コロナウィルスに対して厳しい措置を実施したのはインフルエンザ等よりも致死率が高かったからじゃないの?
このところの死亡者の少ない状況をもっとよく考えてみて欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す