”ドコモと東京女子医大 が移動型スマート治療室を開発”って、、、

NTTドコモと東京女子医大が移動型スマート治療室「モバイルSCOT」を開発した。
大型トラックの荷台部分に治療室等を設けたもので、これまでのスマート治療室「SCOT」の移動版。
通信回線には5Gネットワークを利用するために鮮明な画像の転送等が遅滞なく行われるので、手術を担当する医師が遠隔地にいる専門医のアドバイスを受けることが可能(これは「SCOT」と同じ)。
となると真価を発揮するには5Gのサーボスエリア内にいなければならないということになるが、現状では地方のエリアは狭いので本来の機能を活かせないということになる。
普及させるためにはもっともっとエリアを広げる必要がある。
#災害時等で緊急派遣が必要になった場合はイベント等でも使われる通信用の中継車も一緒に送り出すという手段もある。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す