Xperia X Compactのバッテリーを交換した

昨年の春頃から「Xperia X Compact」のバッテリーが膨らんできた。
いつまで使えるか不安になったので「Xperia XZ2 Compact」に買い替えたが、「Xperia X Compact」のほうも何事も無いように動作していた。
しばらくそのままにしていたが、調べてみるとバッテリーの交換は自分でも出来そうだったのと、バッテリーを楽天やamazonで買えばそれほど高くないようだったので自分で交換してみることにして下のバッテリーと裏蓋固定用のテープを注文した。

テープの方は注文して三日後には届いたが、バッテリーの方は出荷時に不良が見つかって届くまで一週間以上かかり昨日ようやく届いた。
昨日は週末だし夕食後に交換に挑戦。
裏蓋は膨らんだバッテリーに押される形で剥がれて来ていたので外すのに手間はかからなかった(というか既に外していた)。
次にバッテリーに貼られているNFC用のアンテナを剥がさないとならないが、生憎とヒートガンを持っていないのでヘアードライヤーで代用。
何度か目でようやく剥がせたもののバッテリー側に粘着テープ(?)の大半が残ってしまい、後述するがこれが良くなかったようだ。
バッテリー自体もケースにテープで固定されているので、バッテリーに付属のピック(2枚のうち薄い方)を使って取り外した。
基盤に接続している端子も外す分には簡単に外せるが、新しいバッテリーを取り付ける際には試行錯誤を繰り返した。
端子を押し込んでみては電源SWを押して通電したタイミングでバッテリーを固定しようとしたが、フィルムケーブルに弾性があるのでかなり注意深く扱わないと端子が外れてしまう(固定用のラッチ等は無い)。
最終的にはなんとかバッテリーを本体内に収めることが出来、その時点でフィルムケーブルを抑えるための小さなゴムパーツをケーブルに貼りつけた。
さらに剥がしておいたNFC用のアンテナも貼りつけた。
最後に裏蓋に固定用のテープを貼る際に僅かにずれてしまったがそれでもなんとか貼りつけて裏蓋を閉めて作業は終了。
あらためて電源を入れるとバッテリー残量は53%と表示されていたので、そのまま充電器に接続すると充電が始まった。
しばらく充電すると100%になったし、”バッテリーの状態は良好(80%以上)”と表示されてバッテリーは正常に動作しているようで一安心。
やっぱり裏蓋が膨らんだり外れたりしていない「Xperia X Compact」はスマートで良いねぇ(笑)。
ところが、ICカードの情報を読もうとしても反応しないので、アンテナを破損してしまったようだorz。
まぁこれに関しては諦めるしか無いなぁ、、、
バッテリーはamazonで買った方が安かったかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す