有原が快投で13勝目!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日大阪でオリックスと対戦。
先発の有原の快投もあって7-1で勝利をおさめた。

今季のファイターズ先発陣の中で唯一ローテーションを守っている有原が好投した。
二回の先頭打者にソロ本塁打を浴びて1点を先制されてしまったが、その後はきっちりと抑えて六回まで15者連続で打ち取った。
七回の先頭打者にこの試合2本目の安打を打たれたが、後続を抑えて無失点。
結局、七回を被安打2(本塁打1)、死球1、9奪三振で投げ今季13勝目(自己最多を更新中)をあげた。
打線も0-1の四回に四球の走者を置いて横尾が2点本塁打を放って逆転。
その後は再三走者を出しながらも追加点が奪えなかったが、最終回に一死から西川が四球を選ぶと大田が2試合連発となる今季17号の本塁打を放って2点を追加。
さらに集中打と相手守備陣のミスもあってこの回打者10人で合計5点をあげて試合を決めた。
二番手で登板した宮西は今季48試合目の登板となり38ホールド目をあげている。

この調子で今日も勝って今月初の連勝と行って欲しいな!

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す