ファイターズ逆転勝ち!

札幌ドームで行われている北海道日本ハムファイターズ対読売の試合は、読売が三点を先行していたが、ファイターズが七回に逆転して勝った。

ファイターズ先発の有原が三回に自らの暴投(というかバッテリー間でのサインミス?)で2点を失い、さらに三回にも1点を追加され0-3の劣勢に立たされたが、その後は相手打線を七回まで1安打に封じて追加点を与えない。
打線は相手先発投手の立ち上がりを攻め、初回は一死三塁、二回には無死満塁の好機を作るが共に後続が倒れ無得点。
そのまま五回まで無得点が続くが、六回にようやく反撃開始。
先ずは六回に安打-四球-安打で無死満塁の好機を作り、渡邉が中堅後方へ大きな犠飛を放って1点を返すと、代打の代打で杉谷が登場。
この杉谷が期待に応えて中堅前に落ちる適時打を放ち2点目を返した。
続く七回には先頭の西川が意表を突くセーフティバントを見せ、際どいタイミングだったが一塁に頭から滑り込んで安打として出塁。
二死後に二盗を決め二死二塁とすると四番中田が3-2から三遊間を抜く適時打を打ちファイターズが同点に追いついた。
続く王が変化球に泳がされながらも打った打球は右翼席の前から3列目辺りに飛び込む今季第3号の勝ち越し本塁打となってこの試合初めてファイターズがリード。
八回表は有原が二塁に走者を背負いながらも気合で坂本を高めの直球で空振りの三振に打ち取り無失点で切り抜けた。
最終回は有原からマウンドを任されたロドリゲスが二塁打二本で1点を失いながら最後は亀井を空振りの三振に切って取って試合終了。

いやー、最後まで気の抜けない試合だったけど、なんとか勝ってくれて良かったよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す