ファイターズ大勝

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日仙台で東北楽天と対戦。
今期の開幕直後の三連戦では三連敗を喫した相手に昨日は打線が爆発し、16安打を放って13-1で大勝した。

先発の有原は8回を投げて被安打4、7奪三振で失点はソロ本塁打による1点だけで今季5勝目をあげた。
打線は四回まで安打2本と四球1個と抑えられていたが、五回に清水の犠飛で先制し中島卓の適時打で加点。
七回には二死三塁から西川の適時打、大田の四球を挟んで近藤にも適時打が生まれてこの回も2点を追加して有原を援護。
八回には打者13人で6安打3四球に敵失もあって大量9点を追加し試合を決めた。
13点も取りながら本塁打は八回に出た石井の今季第1号の2点本塁打の1本だけというのが今季のファイターズ打線らしいところ。
そんな中で四番の中田は5打数無安打1併殺打の平常運転。
先発野手で無安打はこの中田と八番に入った清水の二人だけだが、前述のように清水は先制の犠飛を放って打点をあげて勝利に貢献しているが、中田は単に凡退するだけでなく走者も殺す併殺打を打っている。
それでも試合には勝ったんだからヨシとしておくか(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す