ファイターズ、有原が3勝目!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは千葉で千葉ロッテとの2戦目。
ファイターズ先発の有原がこの日も好投し2-1で競り勝った。

有原は初回に安打と四球でピンチを招くも無失点で切り抜け、二回から四回まで三者凡退に打ち取る好投。
打線もその間の三回と四回に西川と渡邉の適時打で1点ずつを取り2-0とリード。
五回に有原が1点を失って2-1と迫られるが、有原は六回も三者凡退に打ち取ってその後は相手に得点を許さないまま降板。
七回は今季無失点の宮西が無安打(1四球)で抑え、八回は浦野が三人で切って取り2-1のまま最終回に。
最終回のマウンドにはこちらも今季無失点の秋吉が登り、2安打で一死一二塁と一発出たら逆転サヨナラとなる場面を作ったが、後続の二人を打ち取り試合終了、ファイターズが接戦を制した。
先発の有原が今季4試合目の登板で3勝目、宮西と浦野にはホールドが、秋吉には8試合目で三つ目のセーブが付いている。

それにしても9安打3四球で2点しか取れないというのはやはり攻撃陣が貧弱と言えよう。
三者凡退に終わったのは序盤の二回のみで、他の回は全て走者を出しながらも得点したのは先にも書いたように三回と四回のみ。
投手陣の頑張りで勝てたけど、やはり決定力不足は深刻だなぁ、、、

コメントを残す