辻元清美議員に外国人献金の事実発覚、辞任は否定

立憲民主党の辻元清美国会対策委員長が韓国国籍の弁護士から2度にわたって献金を受けていることが発覚。
議員サイドによれば一部を本人に返金、残りは(国籍を問わない)後援会会費に振り替えたとのこと。
政治資金規正法は外国籍の人からの献金を禁止しており、2011年には民主党(当時)の前原外相(当時)が辞任している。
今回の件で辻元清美委員長は辞任の意思は無いと明言している。
前原外相の辞任と絡めての質問には「辞任は人それぞれの判断」として、自分がやったことに関してはあくまでも棚上げするつもりらしい。
これくらい厚かましくないと野党議員なんてやってられないんだろうな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す