日産のゴーン会長の逮捕に伴う報道で・・・

昨日、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン氏他が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕されたとの報道があった。
直接の容疑は有価証券報告書に記載すべき役員報酬を実際の額より少なく(ほぼ半額)記載した”虚偽記載”となっている。
ところが、報道によっては”脱税”と決めつけているものもあるのが気になった。
「ゴーン逮捕と捜査の行方と問われる罪」なんかは、記事の途中から”過少申告”という言葉を用いてあたかも脱税行為が既成事実であるように書いている。
今後の捜査の過程で実際に所得の過少申告(脱税行為)があったかどうかははっきりするだろうけど、現時点ではあくまでも”有価証券報告書の虚偽記載”であって脱税事件では無い。
このように報道(マスゴミによるものに限らず)は虚偽を広めることも出来るわけで、軽々しく信じることは戒めなければならないと思う。
さらに上記リンク先の記事を書いたのが法律のプロである(筈の)弁護士だというのがおかしな話だな。
#日産自動車の内部調査では過少申告があった事実が判明したとなっているが、司法の判断では無いので現時点では”事実”として認定されてはいない。

今後、捜査の過程でいろいろと判明するだろうけど、もしゴーン氏の脱税行為や背任行為があったと判断されたら日産から追い出されるのは間違い無いだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す