ファイターズ、雨中の戦い

昨夜千葉市で行われた北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテの第11回戦。
雨の中で行われたこの試合はファイターズが2-0(八回コールド)で勝利。
ファイターズ先発の上沢が八回を5安打1四球の無失点で投げ抜き、前回登板の西武戦に続いて2試合連続となる完封勝利をあげた。
上沢はこれでチームトップの今季5勝目で、防御率は1.18に上昇してリーグトップを独走中。

打線は中軸が働か無かった前日と違い、この日は初回に一死一二塁から四番中田が適時二塁打を打って先制。
四回には一死無走者から五番レアードが8号本塁打を打って追加点と、四番と五番で全得点をあげる仕事をした(三番の近藤も初回の好機を広げる安打を打っている)。
得点はこの2点だけだったが、それを上沢がしっかりと守り切っての勝利で、投打が噛み合うというのはこういうのを言うんだろう。
今夜の試合もこうあってくれれば良いね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す