フィギュア男子で日本選手が二つのメダルを獲得!

現在行われている冬季五輪大会で、日本人選手が大活躍した。
今日行われたフィギュアスケート男子で、日本の羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得したのだ。

羽生結弦選手は前日のショートプログラム(SP)でトップになり、フリーの演技でミスはあったものの高得点を獲得し優勝。
宇野昌磨選手はフリーの出だしで4回転ジャンプで転倒したが、その後リカバリーしSP2位の選手を僅かながら上回り順位を一つ上げ2位となった。
フィギュアスケートで日本人選手が金銀両メダルを同時に獲得するのは初めて。
また、羽生結弦選手は前回の2014年大会に引き続きの優勝で、五輪二連覇となったが、この種目での連覇は1958年大会以来66年ぶりとのこと。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す