1日に622mmの雨

鹿児島県名護市(奄美大島)では昨日一日で622mmという過去最大の降水量を記録した。
災害も発生しているようで、被災者の方々にはお見舞いの言葉を贈ることしか出来ない。

それにしても622mmとは札幌の年間降水量の平年値1127.6mmの55%が一日で降ったことになる。
札幌では月間の降水量でも622mmを超えたのは過去に一回しかない(1981/ 8の644mm)。
それほど凄い雨でも上には上の記録があり、1968/9/26には三重県の尾鷲で806mmという記録がある(今回の名瀬の記録は観測史上14位)。
ここまでいくとどんな雨なのか想像できないなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す