今更ながら(汗)

今年の雪ミク電車の写真を見ていて「おや?」と思ったのが、車体の右側のバックミラー。
たしか以前の右側のミラーは車体の直前下方の死角を見るための小さな曲面鏡だけだったはず、と思って過去の写真を見るとやはりそうだった。
となると、最近になって増設されたものだろうが、考えられるのは都心線の開業に伴うものだということ。
都心線は道路の中央部を走行する他の路線と異なり道路の左端を走行する”サイドリザベーション方式”なので、他の車が右側を走ることになり、その動きを見るために設置されたのだろう。
念のためググってみると札幌市交通局のサイトの「市電のループ化開業に関するお知らせ」にしっかり明記されていた(汗)。
2年前に公表されているのに今頃気付くなんて(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す