「嘘つきは民*党のはじまり」

日本の政界で一度は与党となったものの、その際の失政で経済的にも国際的にも日本にダメージを与えた某政党がある。
その後、総選挙で歴史的大敗を喫して野党になっていて、与党批判だけをやっていたが流行語となった得意技”ブーメラン”の連発で国民にそっぽを向かれ、今では虫の息でついには解党。
所属議員たちは都知事が立ち上げた政党に合流しようにも足元を見られて言いなりになり、かつ資金提供をする議員だけが合流を認めてもらえる可能性があるという体たらく。
合流出来なかった議員たちは新たな政党を立ち上げたが、どこまでまともな政治活動が出来るのだろうか?
そもそも、与党の足を引っ張るか、議員個人の私欲を満たすために活動しているとしか思えない人たちなので、公共の電波でさえ私的に利用しようとして対抗勢力(主に与党議員等)の発言を捻じ曲げ・・いや捏造してしまうのだから呆れてしまう。
所属する全ての議員がそうだとは言わないが、こういうのは真面目な人よりも”なにかやらかした”人が目立つので、真面目に政治活動をしている人(がどれくらいいるかは知らないが)にとっては逆風にしかならないよね。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す