「エロマンガ先生」第十二話

前回で話は終わってスペシャル回かと思っていたところ、ある意味ではスペシャル回だった(笑)。

脚本を原作者自らが担当したためか、原作のエピソードを複数使いながら破綻しないようにまとめられていた。
作画も頑張っていたので出来は良いと思うんだけど、ストーリー的には無くても問題ない話。
原作ではこの後から第四巻につながるイベントが発生するんだけど、そこは完全に隠されていた。
最初はこのエピソードを入れるなら二期を視野に入れているのかな?と思ったけど、この分だとまだまだ霧の中かも?
でもまぁ、原作も順調に進行しているし、これで円盤が売れたら二期の制作も十分ありうるかと。
というか、円盤の売り上げを伸ばすための回だったな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す