ファイターズ逆転で三連勝!

北海道日本ハムファイターズは昨日から甲子園で阪神との三連戦。
初戦の昨夜は阪神に先行されるも、最終回に逆転してそのまま逃げ切り前カードからの連勝を3に伸ばした。

ファイターズの先発は高梨、昨年は初の二けた勝利をあげたものの今季は初登板こそ勝ったがその後は1勝4敗とイマイチ波に乗れていない感じで、一時は先発陣から外されていた。
その高梨は六回途中まで1本塁打を含む8安打を許したが、要所を締め2失点で切り抜けた。
六回一死から連打で得点圏に走者を許したところで降板、後を受けた鍵谷が後続を打ち取り相手打線に得点を許さなかった。
打線は六回まで2安打2四球で二塁まで走者が進んだのは六回のみで無得点。
0-2で迎えた七回に先頭のレアードがこの試合初の長打となる二塁打で出塁すると、次打者の内野ゴロの間に三留へ進みここで相手投手が交代。
直後に大野が適時打を放ちまず1点を返し1点差とした。
投手陣は相手打線を良く抑え、無得点で1-2のまま最終回に突入。
この回も先頭打者となったレアードが相手守護神のドリスから内野安打を放ち出塁し、続く大田も四球で無死一二塁の好機を作る。
犠打で走者がそれぞれ進塁したところで中嶋がまさかのスクイズ!
これが相手一塁手の野選を誘いまず同点。
ここで投手玉井に打順が回り松本が代打で登場。
松本は期待に応え左翼に適時二塁打を放ち2者が生還、ファイターズが4-2と2点を勝ち越し。
その後も安打や四球で二死満塁まで攻め込むが四番の中田が凡退し、結局この回は3点止まり。
それでもその裏から登板した増井が失策から二死一三塁の一発出れば逆転サヨナラの危機を迎えるが、最後の打者を三振に打ち取り無失点で試合終了。
なんとか逃げ切って三連勝とした。
八回に登板したルーキー玉井(旭川実業-東京農業大学オホーツク-新日鐵住金かずさマジック)が登板3試合目で嬉しい初勝利を高校時代に登板機会が無かった甲子園で手にした。
相手守護神のドリスは来日後初の救援失敗となった。

交流戦に入ってファイターズは好調だが、パ・リーグの他チームも好調なため上位とのゲーム差はあまり縮まっていないが、とにかく勝ち星を増やしていくしかないな!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す