面白そうなキーボード

平面にキートップを映し出し、それをタイプすることで実際にキー入力を行える光学式バーチャルキーボード。
その投影機を映画「スターウォーズ」の”R2-D2”にしてしまったのが下の商品。
商品説明を読むと単なるキーボードでは無く、いろいろな効果音が出るギミックを内蔵しているらしい。
面白そうだけどちょっと価格が・・・

製品自体は結構前から販売されていたなぁ(汗)

ちょっと安いのもあった(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. ちゃがま

    on 2016 年 6 月 7 日 at 11:56 PM -

    昔っから時々カタチを変えて製品化されてますが、
    原理的に、センサーからの影になる重なった2本の指を認識できない。
    まぁ、そもそもストロークがないキーボードなんで、
    実用にはちょっと・・・というのが、昔っからの評判です。
    (音だけじゃなくて、投影面に振動を与えてくれたりすると、少しマシになるかな?)

  2. tan

    on 2016 年 6 月 8 日 at 9:58 AM -

    >ちゃがまさん
     日常的に常用するわけではないのでキータッチが悪い(というか皆無)なのは承知のうえです。
     それでも仰るように何らかの反応(投影されるキーが沈み込むようなアニメーション効果等)があると判り易いかもですね。

コメントを残す