「トマム・リゾート」が中国資本に売却される?

北海道占冠村にある「星野リゾート・トマム」が中国資本の日本法人よって買収されることになった。
バブル期に開発され一時は存続が危うかったが、紆余曲折を経て長野県の星野リゾートが運営することになり、「星野リゾート・トマム」の株式の2割を星野リゾートが保有している(残りの8割は米系ファンドが所有)。
今回12/1付けで株式の100%が中国資本に売却されることになり、星野リゾートは運営だけを行う立場となり、経営には口を出せなくなってしまう。
これによりトマムにも中国人の観光客が流れ込むことになるのだろうが、落としていくお金をいかに日本に留めるかを行政と民間が考えていかなくてはならないと思う。
放っておくと日本人利用者の落としていくお金も中国へ流出してしまうことになるぞ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す