「航研機」

「航研機」と聞いてピンと来る人は飛行機好きの人なんだろうな。
詳しくはwikiとかを見てもらえば判るので割愛するけど、日本航空史上重要な機体であることは間違い無い(なにせ当時の世界記録を打ち立てた機体だからして)。
この航研機は終戦時に羽田に置かれていたらしいんだけど、占領軍によって破壊されそのまま埋められたと言う話もあり、今でも掘り出して保管/展示して欲しいという動きもあるとのこと。
現在この機体は復元されたレプリカが青森県の三沢市にある「県立三沢航空科学館」に展示されている。
今年の5月に行ってきた時に見てきたが細い胴体と長大な主翼が印象的だった。
当時の日本の航空機技術は世界のトップに追いついていたが、戦後の航空機開発禁止で大きく遅れることになったのが惜しいな。
航研機―世界記録樹立への軌跡
富塚 清
4895225437

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す