帯広「お福」の蕎麦

秋の連休中に滞在した帯広での楽しみの一つに「茶来居のお蕎麦」がある。
残念ながら今回はマスターが手を怪我していて蕎麦打ちが出来ないということで食することは出来なかった(代わりに他の美味しいものを頂く事は出来たけど)。
茶来居のお蕎麦は諦めたけど、どうしても蕎麦を食べたくなってしまったところ妻が見つけてくれたのが件名にもある「お福」さん。
今回調べるまで全く聞いたことも無かったお店なのだけど、ものは試しとお邪魔してみた。
場所は帯広市の南側で車が無いとちょっと行き難い場所で、駅近辺からだと歩いて行くのは殆ど無理。

「お福」さんの入口。

「お福」さんの入口。


上の写真でも分かるように大きく店名が書かれているので探し易い。
今回お邪魔した時には既に今年(2015年)の新蕎麦が入っていた(時期的に機械乾燥だろうけど)。
頼んだのは妻が「ざる」(海苔はかかっていない)で、私が「辛みおろしそば」。
「お福」さんの蕎麦

「お福」さんの蕎麦

新蕎麦らしく淡い緑色の蕎麦。
機械乾燥だろうけどやはり新蕎麦らしく甘みがあって香りも良かった。

このお店の名前を聞いたことが無かったので帰り際にいつ頃お店を開けたのかを尋ねたら、「11月で丸2年になります」とのことでまだまだ新しいお店だったようだ。
ついでにお店で出している蕎麦に使っている粉の産地を伺うと「弟子屈(てしかが)と黒松内です」とのこと(なので「摩周そば」なのだろう)。
随分離れた土地の粉を使うんだなぁ、と思ってその点を伺うと、「どちらかの産地でなにかあって収穫できなくなっても大丈夫なようにと考えてのことです。」とのこと。
たしかに筋は通っている話だけど、これだと産地によって味が変わると言うことになるな~。

なにはともあれ久しぶりに美味しいお蕎麦を食べられて良かったな。

お福
住所:北海道帯広市西14条南35丁目1−16
電話番号:0155-47-7029
営業時間や定休日等は直接お店に確認を。
地図

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す