ファイターズ6連勝・・・ならず

昨夜札幌ドームで行われたファイターズ対ホークスの22回戦は2-6でファイターズが破れ6連勝はならなかった。

この試合初回に先発中村が3点を失うと、その裏安打二本で一死一二塁のチャンスを作るがここのところ不調の四番中田が遊撃への飛球を打ち上げてしまい二死となる。
それでも重盗で二三塁とすると五番の近藤は四球を選び二死満塁としたが、ホークス先発のスタンリッジにレアードが三塁ゴロに打ち取られ結局無得点に終わった。
この初回の攻防が結果的に勝敗を分ける形になってしまった。

その後両チームの先発投手が立ち直り五回表までは両チーム無得点。
五回裏にファイターズが四球とボーク等で一死三塁とすると九番石川亮の犠飛で一点を返す。
直後の六回表にこれまで粘り強く投げてきた先発の中村が先頭打者に二塁打を打たれると四球・犠打・四球で一死満塁のピンチを作ってしまいここで降板してしまう。
この回は交代した石井が後続の打者二人を三振に打ち取り無失点で抑えた。
その裏の攻撃では二番から始まる好打順にも「ピンチの後にチャンス有り」とは出来ず淡白な攻撃で三者凡退で無得点。
そうしたらその後の7回表に巨人から帰ってきた須永がマウンドに上がるが、代わり端にいきなり本塁打を打たれ一点を献上。
続く柳田にも安打を打たれ一死も取れずに降板。
後を受けたライブリーも四番内川にノーボール2ストライクと追い込むもそこから粘られ四球を選ばれ、次打者も追い込むも死球を与え無死満塁。
このピンチにライブリーは耐え切れず松田に適時二塁打を打たれて2点を失い結果的に一死も取れずに降板。
後を受けた屋宜が続く三人を打ち取りこの回を終わらせたが、決定的な3点を取られてしまった。
その裏に大谷が代打で適時打を放ち1点を返すも、その後が続かずそのまま試合終了。

これで対ホークス戦は引き分けを挟み5連敗。
クライマックスシリーズ第二ステージに向けて不安が大きくなってしまった中で、2番手と4番手で投げた石井と屋宜の好投と大谷の打撃が少しは慰めになったかな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す