日清の「カップヌードル・パスタスタイル」を食べてみた

本場イタリアまで行って製品の評判を集めたところ、8割の人に”パスタではない”という烙印を押されたということをメーカー自ら公表し、発売前から話題にされていた日清の「カップヌードル・パスタスタイル」を食べてみた。
食べたのは二種類ある味の内「ボロネーゼ」。

お湯を入れるために蓋を半分ほど開けてみると、そこには通常のカップめんよりも遥かに太く見える麺が見える。
沸騰したお湯を入れて待つこと5分(そう、この製品はうどん同様5分なのだ)。
湯きりをして粉末ソースと液体ソースを入れてかき混ぜると出来上がり。
早速一口すすってみると・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・うん、やっぱりイタリアの人たちの言うようにこれは”パスタ”ではない。
味は悪くないので最後まで食べ切ることは出来たが、そう頻繁に食べたいと思うほどではないな。
他のカップめんに飽きた時とか、なにか変わったものが食べたい時には良いかも?

近いうちにもう一種類の「ボンゴレ」にもチャレンジしてみたいと思う(汗)。
うん、”チャレンジ”というのがふさわしいよな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す