地下鉄さっぽろ駅の柵が撤去されるらしい

報道によると札幌市営地下鉄さっぽろ駅の南北線と東豊線のホームをつなぐ東西方向の連絡通路と、一般の地下通路の間に設置されている柵が撤去されることになるとのこと。
運用開始は2017年11月が予定されている。

地下鉄の利用者が南北線と東豊線を乗り継ぐ場合にはこの連絡通路を通る必要があり、一般の歩行者はその両側を通るのだが、連絡通路と一般の通路が柵で仕切られているために南北に横断することが出来ない構造になっている。
この東西の通路は西二丁目と西四丁目の間をつないでおり、その間の200メートル以上は全て横断出来ず、両端となる東豊線の改札口東側と南北線の改札口西側までの間は南北の通行が遮断されている。
実際に通ってみると分かるけどこの柵は結構邪魔で、先日は私も目的地に行くために少々遠回りをせざるを得なかったことがある。
※”https://www.city.sapporo.jp/st/subway/ekikonaizu/documents/n06sapporo-2.pdf”(さっぽろ駅構内見取り図)参照のこと。
この柵が円滑な通行を阻害していると言うことで以前から付近の商店等から撤去の要望が出されていた。

この度柵を撤去するにあたって改札システムを改修し、SAPICA等のICカードを利用する場合は一度改札を出ても30分以内なら再入場可能とし、切符での利用者向けには切符が回収されない専用の改札機を設置するとのこと。
#現在は改札を出ずにこの連絡通路を通って南北線と東豊線のホームを行き来が可能なので通常の改札機しか設置されていない。

このことで地下鉄利用者も歩行者も便利になるのは確かだけど、切符を悪用した不正乗車が可能になるので、そこら辺の対策をどうするかだよなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す